トップ / 昔からの葬儀の習慣とは

昔からの葬儀の習慣とは

葬儀の行い方とは

遺族

粛々と霊を送るための葬儀

誰でも、この世に生を受ければ、いつかは終わりが来ます。どう生きたかに関係なく命は、現実には、永遠に尽きてしまいます。死ねば、霊になり、四十九日の忌中を過ぎれば極楽浄土で仏になると、仏教では言われています。神道では、死ねば神になります。死んでから別の世界があるということを教えています。人が亡くなったら葬儀をする行為は、ちゃんとした意味があるのです。もしかしたら、輪廻転生するかもしれません。粛々と霊を見送ってあげましょう。

葬儀で後悔のないお別れを

大切な人を亡くすのはとても悲しいことです。その気持ちを整理するために、葬儀は重要な役割を果たします。形式的に見える一つ一つの儀式にはきちんとした意味があり、その意味に思いを馳せながら亡くなった方のことを思い起こし、安らかに眠ることを祈る。こうやって自分の心に正面から向き合うことが大切であり、葬儀が心を落ち着かせる役割を果たすのです。ですので、どのような別れ方をしたいのかという希望を受け止めてくれる業者を選ぶことが大切です。

葬儀に詳しくなる情報

↑PAGE TOP