トップ / 葬儀の服装はシンプルに

葬儀の服装はシンプルに

葬儀の基本の服装

遺族

葬儀のネクタイは黒が常識

葬儀のネクタイは黒でいうエチケットがある以上、黒にしなければなりません。かつては、告別式は絶対黒でしたが、お通夜は黒でなくてもいいと言われていました。突然の弔問で間に合わないということもあり、許されていたことです。そうは言いながら、今日は、コンビニや駅の売店にも、葬儀用ネクタイが用意されているので、やはり、黒を用意すべきでしょう。100円ショップでも用意できるからです。本当に、全く用意できないのであればともかく、何とか用意するのが、今日の常識ですから、知り合いに借りてでも用意するのが常識となっています。

葬式に用いるネクタイ

葬儀に参列する際には、服装に気を付ける必要があります。男性は上下黒無地の礼服に、白無地のシャツ、黒無地のネクタイを身に着けます。靴は黒です。ネクタイは織り柄が入っている程度なら許されますが、黒以外の色が使われていてはいけません。結び方にも気を付ける必要があります。仕事の場合は結び目に「ディンプル」というくぼみを作って結ぶことがありますが、ディンプルは「えくぼ」を連想させ、悲しみを表す葬儀ではふさわしくないとされているため、作らないようにします。タイピンを付ける場合は、銀色のシンプルなものを付けるようにします。

葬儀に詳しくなる情報

↑PAGE TOP