トップ / 葬儀について覚えよう

葬儀について覚えよう

葬儀に関するお話

遺族

最近では葬儀の次の重要な法要

葬儀を行う遺族の方が知っておきたいことに、四十九日(しじゅうくにち)満中陰があります。これは、故人が亡くなってから49日間を中陰と呼んで、7日ごとに故人が成仏するように祈ることをいいます。最初の7日が初七日(しょなぬか)といい、49日のことは七七日(なななぬか)といいます。四十九日(しじゅうくにち)は、忌明けとなることから、僧侶に読経を読んでもらって、参列者に食事をふるまう法要が行われることになります。最近では、初七日(しょなぬか)を葬儀の当日に済ませることが多いため、四十九日(しじゅうくにち)はとても大切な法要になっています。

49日目の追善法要について

最近は初七日を葬儀当日に済ませてしまうために、お葬式に続く本格的な法要として、果たす役割が大きくなっています。仏教において亡くなってから、49日間を中陰といい、7日ごとに、最初が初七日といい、次が二七日(ふたなぬか)、その次が三七日(みなぬか)と呼び、そして49日目が七七日(なななぬか)となります。この間、故人に対して、七日目ごとに閻魔大王による裁きが行われ、極楽浄土にいけるかどうかの判定が行われるのが、四十九日目で、遺族は七日ごとの裁きの日にあわせて故人が成仏できるように祈り、この祈りで、故人の善行を足してゆくという意味で追善法要とも言われます。この法要は、葬儀が行われた日を1日目と数え、四十九日目を忌明け法要として盛大に行います。

葬儀に詳しくなる情報

↑PAGE TOP