トップ / 葬儀に関して知ること

葬儀に関して知ること

葬儀にネイルはどうか

遺族

葬儀のネイルは透明か淡い色で

葬儀は昔からのしきたりで、目立つ色や形は嫌われてきました。だから、お通夜であろうと、告別式であろうと、ネイルはシンプルにして、派手な色やデザインは消し落とし、参列することになっていました。このことは、エチケットとしてとても重要なことですから、きちんと守る必要があります。葬儀では、お通夜では多少は許されるとして、告別式では許される術は全くありまえん。無地か透明は何が何でも守る必要があります。たかがという人もいるかも知れませんが、いわば社会生活規範である以上、いい悪いではなく、言葉がきついですが、問答無用なのです。それが、ルールだからです。

ネイルをして葬式にでるのは

急に葬儀が入ってしまった!自分で落とすことが難しいジェルネイルをしている場合、このまま参列しても構わないのでしょうか。地味な色でストーンなどがないデザインならばそのままで構わない、レースの手袋をしていけば見えないという意見もあります。しかし、葬儀の最中ずっとレースの手袋をしておくわけにもいきません。マナーとして女性はアクセサリーもパールの一連のネックレスかイヤリングのみ(結婚指輪はしていてもマナー違反ではありません)と、派手にしないことが肝要です。故人を悼む気持ちを表すためにも、ネイルは落としてから参列しましょう。

葬儀に詳しくなる情報

↑PAGE TOP